2012年02月29日

大分の空気を思う存分、体に受けて

新大分球場を後にした私。
自転車で行きよりゆっくりしたスピードで、
大分の空気を存分に味わいながら走った。

大分市内で自転車に乗るってことは、
これからの人生でもそんなにあることではない…
そう思いながら自転車をこいだ。


大分駅前から伸びる道に入る。
そこは大分市のメインストリートなんだろう。
その道を走りながら思ったこと。



「大分って、結構大きな街なんだな」



私が大分に初めて来たのは、
これよりも16年も前のことだった。
そのときは、あまり大きな街だという印象はなかった。

ただ、古いビジネスホテルに泊まって、
何をするわけでもなく、その街を立ち去ったことしか覚えがない。
親友が持ってきていたポータブルのテレビで、
ホテル内のペイチャンネルをタダで見れた…
そんなくだらない思い出しか残らなかった。

だから、大分といえば、
私にとっては今でもHなビデオを見た街…。


そんなこともあって、
今回はもっと大分の街と向き合ってみようと思いながら、
大分の風を感じながら自転車を漕いでみたわけで。

そうこうしているうちに大分駅に着いたので、
レンタサイクルを返却した。

そして私は大分駅で「豊後あじ寿司」という駅弁を買い、
特急「にちりん」に乗り込み、宮崎へと向かった。

ほら、大分といえば関サバ、関アジでしょう!
滞在時間は短いけど、名物は食べておきたい…
そんなわけで、「豊後あじ寿司」を買って、
その味わいを堪能させていただきました。

でも、あまりに美味しくて、
写真に収めるのを忘れていたわけだけども。


駅弁を食べ終わる頃には…
posted by KUNI at 00:50| Comment(0) |  ○新大分球場(大分県大分市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

上から新大分球場

JR大分駅で借りたレンタサイクルに乗り、
20分くらいだっただろうか。

私は新大分球場にたどり着くことが出来た。
自転車がなければ、バスに乗り、歩き回りとかなり時間がかかったと思う。
でも自転車のおかげで、スムーズに動き回ることが出来た。

新大分球場.jpg

自転車があれば、球場の周囲をぐるっと回るのもすごく簡単だ。
小回りが利くのは何ともありがたいことである。

しかし、いくら自転車で動きが身軽になっても、
入ることが出来なかった場所…それが球場の中である。
球場そのものがお休みなら、自転車があっても中には入れないのだ。


せっかく、大分まで来たのに…。


やはり、ここまで来たからには中の様子をカメラに収めたい。
そこで、周囲を見渡すと背の高いマンションがあった。

そこで、そのマンションの階段を登り、
最上階にたどり着いたところ、球場の中をきれいに見ることができたのだ。

上から新大分球場.jpg

AKB48の曲に「上からマリコ」という歌があるが、
ここでは「上から球場」…今回は「上から新大分球場」である。
こうして、中に入れなくとも、
球場全景を見渡せる場所を探すのも、
球場寅さんの楽しみの1つでもあるのだ。

もちろん、マンションに管理人がいる場合は、
ちゃんと許可を取ることも大切だけども。


レンタサイクルを利用しての球場行脚。
大分でやらなければならないことを終えた私は、
大分駅へ向けてゆっくりと戻ることにした。
posted by KUNI at 01:32| Comment(0) |  ○新大分球場(大分県大分市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

球場寅さん、新たな武器をゲット!

球場行脚をする際には、たいてい電車を使う。
最寄り駅を降りて、そこから歩いて現地に向かう…
そんなケースが多い。

しかし、鉄道という交通手段がない場合も時にはある。
そんなときはバスを使うことが多い。

見知らぬ街でバスを使うと、
当然、「○○行」と書かれていても、
その地名が分からないことがほとんどなので、
やたらと不安になったりするものだ。

やはりバスは、その町に暮らす方々の足であって、
旅行者が使うには、なかなか難しかったりするのである。

地図を見れば、現地の場所は分かりやすいのに、
バスに乗ることで分かりにくくなってしまう…。
そんなときに便利な移動手段を見つけた。



自転車


である!

そう、小回りの利く自転車を使えば、
より目的地に行きやすくなることを知ったのだ。
バスの時刻なんて、まったく気にしなくてもいいのである。

今回、大分駅に降り立った私は、
事前にレンタサイクルがあることを調べていた。
大分駅のすぐ近くにレンタサイクルの営業所があり、
そこで、自転車を借りることが出来たのだ。

徒歩移動には限界があるが、
自転車を使うことで一気に行動範囲が広がるのである。

おかげで大分駅から自転車という武器を手に入れた私は、
大分駅から北へ伸びる広い道を走り、
産業臨海道路と呼ばれる道路に出たら、
その道に沿って、自転車をこいだ。

すると、大きな橋を渡ることになった。

大分川.jpg

これは、大分川の風景だ。

この日は晴れていて、
ただでさえ見知らぬ街を自転車で走ることが、
すごく心地よかった。

そこに、こんな広い川。
青空が広がる中で、空気も美味しく感じた。
開放的な気分に浸りながら、
この広い川をゆっくりとしたスピードで渡った。

それはまるで、久々にきた大分の雰囲気に浸るような感じ。
16年ぶりの大分…こんなに心地よい街だったとは。


この大分川を渡ると、
いよいよ、今回の目的地・新大分球場はすぐそこだ。
posted by KUNI at 01:24| Comment(0) |  ○新大分球場(大分県大分市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。