2012年01月22日

甲府の球場を行脚した後は…

球場内の空気はどこも共通して美味しいものだ。

それは、球場の周りは何もなく、
緑がいっぱいだったりするからだろうか。

特に晴れた日なんかは、
自分の頭上に広がる青空は、
自分のために光が降り注いでいるかのように、
すがすがしくさえ感じることがある。


今回訪れた甲府の球場は、
青空で私と妻を迎え入れてくれた。

一応、新婚旅行ということで甲府に来て、
しかも私のわがままで球場に付き添わせて、
それでも「晴れ」というプレゼントを与えてくれたわけだ。
これだけでも感謝の気持ちで一杯である。

しかし、球場に向かう際に妻が見つけた
道端へ移動させようとしたものの、
鋭いカマを振りかざし必死の抵抗をしたカマキリ。

球場行脚を終えて、最寄り駅へと歩いて帰る道中。
私たちは道のど真ん中に緑色の何かを発見した。

あのときの勢いはどこへ行ってしまったのか。
「だからあの時、妻の好意を素直に受け入れていたら…」
そう感じずにはいられないほど、
変わり果てた姿になっていた。
手を合わせて通り過ぎる…それくらいしか出来なかった。


これで甲府の球場行脚は終わったわけだが、
その後、私はJR身延線でさらに南へと進み、
下部温泉という小さな温泉街に降り立った。

到着した頃には周囲は真っ暗であったが、
駅からすぐ近くの旅館へと歩いて向かった。

途中、街頭もない闇夜の道を進んだ。
途中には小川にかかる橋もあり、何となく薄気味悪かった。

しかし、その先にある旅館を見て心が和み、
そして広々とした温泉に浸かり、
山の幸、渓流の幸を味わいながらビールやワインを飲み、
薄気味悪い気持ちはどこへやら、ほんのひと時の幸せな時間を過ごした。

こうして、山梨の夜は更けていったわけで。


続きを読む

2011年12月18日

球場までの道のりは長く…

JR身延線の甲斐住吉駅から歩いて、
小瀬スポーツ公園野球場へ向かうことにした私。

球場寅さんとして、一番役に立つのがナビゲーションだ。
今では携帯でナビゲーションをしてくれるサービスを提供してくれるところもあり、
これには、私は非常に助けられている。

右も左も分からないような土地に来ても、
携帯さえあれば、しっかりナビゲーションをしてくれるのだから、
これは心強い見方である。

その後の球場寅さんの行脚でも、
このナビゲーションのおかげで、
普通なら絶対に時間に間に合わないスケジュールでも、
すんなりと目的地にいけるようになったことで、
多少の無理が利くようになったのだ。


さて、今回も携帯のナビゲーションに頼りながら、
小瀬スポーツ公園野球場を目指すことにした。

時に、すごく狭い路地に入ったりするので、
「このナビに付いて行っていいのだろうか…」と不安になるときもある。
でも、今まで何度となく助けられたこともあって、
とにかくこのナビを信じて進んでいくしかないのだ。

すると、道中で妻が車一台が通れるような狭い道のど真ん中に、
カマキリが1匹いることに気がついた。
「このままでは車にひかれてしまう」と思った妻は、
そのカマキリを道路脇にずらそうとしたら、
持ち味の鎌を振り上げて、必死に抵抗を繰り返したため、
妻は助けることを諦めた。


それから程なくして、私たちは小瀬スポーツ公園野球場にたどり着いた。

甲府の球場正面.jpg


何だか、自然に囲まれていて、
すごく空気が美味しく感じられるような球場だった。
そして、これが内部である。

甲府の球場内部.jpg


何か試合をしているようだ。
だから、簡単に入ることが出来たのだ。

遠くから来た甲斐があったというものだ。
毎回、中に入れたときの球場にはありがたみを感じずにはいられない。
「ラッキー!」と思うとともに、「ありがとうございます」と心の中で叫ぶ…
それを忘れないようにしている。

2011年12月04日

球場への道中

「腹が減っては戦は出来ぬ」なんていうけど、
それは武田信玄も同じだったんじゃないかなあ…と思いつつ、
私は球場行脚の前に甲府名物の「ほうとう」を食べた。

そして、甲府の目的地である
「山梨県小瀬スポーツ公園野球場」を目指すことにした。


その野球場の最寄り駅であるJR身延線・甲斐住吉駅。
甲府駅から数駅のところにあるのだが、
そんなに本数が多いわけではないので、
ひとまず甲府駅に止まっていた電車に乗り、
出発の時間をただただ待つことにした。

ちなみに、この日の宿泊地は山梨県の下部温泉という温泉地である。
かなりの秘湯であり、小さな温泉街がある程度だが、
富士山とその周囲の山に囲まれた場所にある。

JR身延線に乗れば、
甲斐住吉駅で降りれば、甲府の球場を見ることが出来る上に、
その駅から乗れば、下部温泉まで電車で行くことができる。
そういった点では、今回の球場は私にとっては都合が良かった。


「ほうとう」を食べ、甲府駅でおみやげ物を物色。
それでも、身延線の発車時間には余裕があり、
私は電車の中でその出発時間を待つことにした。

本数はけして多くはない。
だからこそ、乗り遅れは許されないのだが、
ほんの数駅のために、長らく出発時間を待つのも何となくもったいない。

でも、電車が出ると、
あっという間に甲斐住吉駅に着いた。
正直、電車が動き始めて、甲斐住吉駅にたどり着くまでのかかった時間はごくわずかで、
これなら、もっと早く到着できる術があったのではないかと思ってしまう。

ちなみに、甲斐住吉駅はこんな感じだ。

甲斐住吉駅.jpg

なんてことのない無人駅。
こんな「球場寅さん」のとき以外は
使わないであろうほどの静けさが漂っていた。

でも今回の球場行脚はここがスタート地点。
ともかく、ここからは地図に従って歩くしかない。
球場行脚のための号砲は今、鳴らされたのだ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。