2011年09月04日

函館の夜は静かな夜

函館山から見る夜景はやはりきれいだった。
ロープウェーで登ってみるだけの価値は十分にある。

そう思いながら、登ってきた道を
再び引き返し、ロープウェーで下山した。
下山といっても、ロープウェーの乗車券を勝って、
そのまま車両に乗っただけの話であるが。


さて、いよいよこれから函館ラーメンを食べに行く。
お腹が空いて仕方がなくて、
頭の中はラーメンでいっぱいの状態である。

私は、十字街の電停から路面電車に乗り、函館駅前で下車した。
函館駅から徒歩で数分、松風町電停方面に歩き、
大門中通りにある「汪さん」という店のラーメンが美味いと聞き、
そこへ足を運ぶことにしていた。

函館ラーメンと聞けば、やはり塩ラーメン。
塩ラーメンはあらゆるラーメンの種類の中で、
最もシンプルな味付けだからこそ、
本当の美味さが味わえるものだと私は思う。

シンプル・イズ・ベストだけれども、
シンプルっていうのがごまかしが効かないだけ難しいようだ。


ワクワクしながら、そのお店へ向かってみると、
なんと!「臨時休業」の看板が…。
うそだ…ここまで我慢していたのに…。

私のショックは計り知れないものがあった。
こんなにもお腹が空いていたのに、臨時休業という想像だにしない事態。

うつむきながら、ホテルに戻り、
このまま何も食べないわけにはいかないので、
部屋を飛び出し向かった先は、普通のコンビニ。
コンビニ弁当を買って、とりあえずの空腹をしのいだものの、
「これじゃ、普段と変わらないじゃん…」と嘆く始末。


まあ、臨時休業ならば仕方がないと諦める。
それも、翌日の朝早く、函館といえばの「函館朝市」に出かけ、
そこで海鮮丼を食べることだけを思い描き、
この日はとりあえず、夜遅くまでビールを飲んで、
嫌なことは忘れることにした。

そして翌朝。
ちょっと頭がボーっとしながらも、
眠たい目をこすりながら、ホテルをチェックアウトし、
函館駅の近くにある函館朝市へ向かい、
とにかく自分が納得する「これぞベスト・オブ・海鮮丼」を探すことにした。

そして、そのとき開いていた店から選び抜いて
入った店で出された海鮮丼がこれ。

函館朝市にて.jpg

海老にホタテにイカ…などなど。
北海道ならではの海鮮がいっぱい載っていて、
しかも、ノリが入った味噌汁つき。
このコンビネーションがあまりに美味すぎる!

やっとめぐり合えた北海道ならではの一品を
あっという間に食べつくして、
ようやくお腹も満たされ、北海道一色にすることが出来た。


さあ、これでようやく球場へ足を運べるぞ!
そう、ちょっと忘れかけていたけれども、
本来の目的は函館のメイン球場「函館オーシャンスタジアム」へ行くこと。

新鮮な海産物を生で存分に味わえる海鮮丼を
しっかりと食べつくし、いよいよ函館オーシャンスタジアムへと向かうのである。

12年前に来たときは…

2011年09月03日

函館山に登る

やっぱり、函館山は夜景を見に行くものだよね。
だって、世界三大夜景の1つと言われているんだから。

そんなわけで、函館山の麓をぷらぷら歩きながら、
時間をつぶしていたわけです。
でも、祖父母が長崎にいる私にとっては、
函館は長崎の雰囲気に似ていてどこか懐かしかったりする。

函館山近辺は坂が多いということもそう。
そしてこれも。

函館ハリストス正教会.jpg

これは函館正ハリストス教会。

でも、教会の多い長崎に帰ったときもそうなのだが、
黄昏時に見る教会は何となく薄気味悪いものだ。
このとき、カラスが近くを飛んでいたため、余計に気持ち悪かった。

のんびり歩かないと時間がつぶせないのだが、
薄気味悪い境界を横目にすたすた歩く。
すると、意外と早くこれが見えてきた。

函館山ロープウェー.jpg

そう、函館山へ登るロープウェーである。
こんなに早く見えていては、函館山からの絶景が見れないではないか…
そう思いながらも、頂上へ行けば何とかなるだろうという思いから、
ひとまず乗車してみることにした。

ロープウェーの中は、「ここは中国か?」と思うくらい、
中国語が飛び交っている。
どうやら中国からのツアー客に乗り合わせたらしい。

もちろん、頂上に着いてからも、
とにかく中国語ばかりで、ここが函館かも疑わしくなってくる。

まだ、外はうっすらと明るいので、
頂上にあるお土産物屋さんで北海道土産を物色してみる。

お土産のラインナップを見ていると、
やっぱりここは中国ではなくて北海道だと再認識する。
そう思っていたら、また私を戸惑わせるものが置いてあった。

函館山のおみやげ.jpg

北海道といえば「きびだんご」か??
いや、私はそんな知識は持ち合わせていない。

ここは北海道でも、中国でもなく、岡山だったのか。
そうか、中国地方だったのかもしれない…。

土産物の中には「大泉洋の本日のスープカレーのスープ」が売ってあった。
今やすっかり有名になった大泉洋さんであるが、
これを見ると、やっぱり北海道だと思ってしまう。

土産物を見ていると、
日が沈んでいることに気がついたので、展望台へと行き、
外の景色を見た。それがこれだ。

函館山からの夜景.jpg

きれいだ…。

世界三大夜景と言われるだけある。
街の明かりに「ハート」が見えたら、恋が叶うそうだ。

この頃、好きな人がいた。
街の明かりに何となくハートが見えた気がした。
その恋は…今、私の奥さんになっている。
叶うもんだな…と、後になって思う。

函館山の夜景はいつ見てもいいものだ。
ひとまず、目的は達成できた…
いや、真の目的は球場ではあるが、とりあえず1つ目はクリア。

次は、今夜のメインディッシュ!
函館ラーメンを食べに行く。


12年前に函館山に登ったときは・・・

2011年08月27日

函館駅から十字街方面へぶらりと…

12年ぶりの函館にたどり着いた私は、
とりあえずホテルにチェックインし、部屋に荷物を置いて、
ポケットに財布、右手にデジカメを持って、辺りをうろついてみることにした。

到着したのはもう16時を回っていたので、
函館山の方へと歩いてみることにした。


やっぱり、函館山には登っておかないとな…。


12年前に函館に来たときも思ったのだが、
函館市内を歩いていると、どこからともなくCMが聞こえてくる。
今はどうなのかは知らないが、
12年前も、そしてこのときもそうだったのだ。

歩道に並ぶ電信柱にはところどころスピーカーが付いていて、
そこから何かしらの声が聞こえる。

最初はラジオなのかと思ったが、実際はCMだった。
何の店だかさっぱり分からないが、
「エトー!」という声だけが響くCMがやたらと耳に付いた。


函館駅から電車通り沿いに歩き、
十字街の電停近くにたどり着く。
そのあたりに、日本一古い電信柱があるらしいということで、
ちょっと興味があって行ってみた。

日本一古い電柱.jpg

1923年に今の北海道電力が建てたものらしい。
今の電信柱と明らかに違うのは四角いことだけだ。

「ふ〜ん…」といった感じで、
四角のすべての面をチェックして、
今度は赤レンガ倉庫群へと歩いてみた。

そんなに距離はない。
目と鼻の先である。


赤レンガ倉庫群.jpg


正式名称は「金森赤レンガ倉庫」というらしい。
スイーツの名店もあるらしいが、
あまりお腹が空いていなかった上に、
夜は函館ラーメンが食べたいと思っていたから、
ひとまず食べたい気持ちをぐっと飲み込んで、次へ向かうことにした。

赤レンガ倉庫から電車通りを渡ってすぐのところに、
「大三坂」という坂がある。

大三坂1.jpg

ドラマでもよく使われる坂だそうだ。
函館山は陸繋島(りくけいとう)であるために、
函館山方向への坂がたくさんあり、それぞれに名前がついている。

そして、そのどれもが風情があったりするので、
ドラマでもよく使われるそうだ。

大三坂2.jpg

ただの坂なのに、何か味がある。
それが函館のもう一つの楽しみなのかもしれない。



12年前にきたときは・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。