2012年09月23日

いつでも行ける…それが北陸だった

私にとって、北陸とは、
いつでも行けるような存在だった。

確かに広島で暮らしてるときも、
東京に住んでいたときも、そう思っていた。
そして、大阪で暮らすようになっても、
なかなか行く機会がなかった。

その当時、私は47ある都道府県のうち、
39個をクリアしていたが、北陸は何1つクリアしていなかった。
大阪いす無用になれば、さすがに行く機会があるだろう…
そう思いながら、すでに3年が経過していたが、
それでもなかなか北陸に出かけるチャンスはなかった。

しかし、ひょんなことから、時間が出来たこともあり、
「これは、絶対に北陸に行ってみよう」…そう思って、
私は「青春18きっぷ」を片手に北陸へと足を運んでみることに↓。

「青春18きっぷ」なので、各駅停車の電車しか乗れない。
それでも、滋賀県の米原までは新快速に乗った。
そこから敦賀まで各駅停車で行くことで、ついに福井初上陸を果たした。

ただ、私の中では、
その県に降り立ったというのは、

・乗換えで使ったというのではなく、改札口を出たかということ。
・出張など、仕事できたというのは除外する。

最低でもこの2つの条件を満たすことだ。
なので、乗換えだけで使った敦賀…これだけで福井県上陸とはならない。
やはり、その駅の改札を抜け、何か思い出を作らないことには。

敦賀駅を抜けると、長いトンネルに入った。
北陸トンネルという10キロ以上もあるトンネルらしい。
その後も、うつらうつらと眠くなっている間に、
ようやく福井駅にたどり着いた。

初めて降り立った福井駅はすごくきれいな駅だった。
でも、改札を抜けて、福井駅を出ると、
「これは本当に県庁所在地?」と思うような、
何とも寂しい光景が広がっていた。

でも、私はまず、この少ない福井での滞在時間を利用して、
福井でのメイン球場に足を運ぶことも大切なのだが、
福井の名物であるソースカツ丼も食べたい…その気持ちも強かった。

そう思いながら、私はまず、福井のメインスタジアムである福井県営野球場へ足を運ぶべく、
福井駅からバスに乗り込んだ。
【関連する記事】
posted by KUNI at 02:11| Comment(0) |  ○福井県営野球場(福井県福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。