2012年05月12日

雨の久米島&夜の久米島

今まで多くの球場を巡ってきたが、
傘を刺さなければならないほど、雨に見舞われたことはなかった。

沖縄・那覇から船に乗り4時間。
やっとたどり着いた久米島なのに、雨という天気。
本当ならスカイブルーの海が見れるはずのイーフビーチも、
本当にそうなのか?と思わせるような風景が漂っている。

この日の宿泊先は、当時、東北楽天がメインキャンプを張っていた球場の近くにあり、
しかもそんなに値段が高くなく、リーズナブルに泊まれるホテルだ。
お目当ての球場はこのホテルから歩いても数分だ。

でも、せっかくだから、傘を刺しながら、
土砂降りの中で、写真を撮ったのがこれである。

久米島仲里球場内野.jpg

とりあえず、これで久米島の目的は果たした。
球場をひとしきり撮影した後、
私は、ここまで来たんだからとにかく飲もう!
そう思って、ホテルの周辺を歩き、何か名物はないかと探してみた。

久米島は具志川町と仲里町が合併した出来たらしいが、
その中心街はやっぱり離れている。
かつて、別々の町だったんだなという印象が漂う。

その中の仲里町の中心街はこんな感じだった。

仲里村中心街.jpg

すべての店が閉まっていた。
雨だし、夕方だし、こんなもんだろうね。

仕方なく、私はホテルの隣にあったコンビニで、
泡盛を含め、おつまみもいろいろ買って、
その夜は1人で飲みまくった。

特に寂しさを感じることもなく、
雨降る南国の夜を満喫した。
ホテルの前には昭和の雰囲気のあるスナックがあったが、
立ち寄る勇気もないまま、ひとしきり飲んだ後、
そのまま寝ることにして、翌日の船に乗り遅れないよう、最善の策を採ったのだった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。