2012年03月10日

琵琶湖の向こうに見える大津の街

これから東京へと向かう道中、
やはりそのまま東京へ行くのはもったいない…
放浪をしてみたくなるのが球場寅さんなのだ。

せっかくなら滋賀県の球場を撮影してから、
東京に行こうということで、
私は滋賀県の大津市へとやってきた。


今回行脚するのは大津市のある皇子山球場。
その最寄り駅であるJR湖西線の西大津駅、今の大津京駅である。

JR東海道線で京都の山科駅から乗り換えて1駅。
トンネルの連続ではあるが、
最後のトンネルを抜けると、右手にチラッと球場が見える。
それが皇子山球場である。

そうなると、球場行脚も楽である。
最寄り駅から近い…これほど楽な行脚もないのだ。

そうと分かれば、駅の周辺を歩いてみよう。
そして、滋賀県といえばやっぱり琵琶湖。
絶対に見ておきたい…というか、何度も見たことはあったのだが、
いろんな角度から見ておきたいわけですな。

私としては、西から見る琵琶湖は初めてというわけで、
ここで一枚写真をパチリ。

大津市.jpg

琵琶湖の対岸は大津市の中心部。
一際目立つ、タワーのような建物は何だろうね…。

日本一広い湖を見ながら、
対岸の写る景色が遠いことに気がついた。
やっぱり広い湖だな…ってね。

だって、ほんのほとりにいるだけなのに、
対岸がこんなに多いわけだから、
もっと幅が広いところだったら、対岸は見えるのだろうか…
そう思うわけですな。

この写真を撮影したその先は琵琶湖。
つまり行き止まりなので、引き返して球場へと向かうことにした。

posted by KUNI at 02:34| Comment(1) |  ○大津皇子山球場(滋賀県大津市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
対岸に見えるタワ−は 大津プリンスホテルです。地上138m 38階 滋賀県最高軒
Posted by ビルディング おたく at 2012年08月06日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。