2011年12月18日

球場までの道のりは長く…

JR身延線の甲斐住吉駅から歩いて、
小瀬スポーツ公園野球場へ向かうことにした私。

球場寅さんとして、一番役に立つのがナビゲーションだ。
今では携帯でナビゲーションをしてくれるサービスを提供してくれるところもあり、
これには、私は非常に助けられている。

右も左も分からないような土地に来ても、
携帯さえあれば、しっかりナビゲーションをしてくれるのだから、
これは心強い見方である。

その後の球場寅さんの行脚でも、
このナビゲーションのおかげで、
普通なら絶対に時間に間に合わないスケジュールでも、
すんなりと目的地にいけるようになったことで、
多少の無理が利くようになったのだ。


さて、今回も携帯のナビゲーションに頼りながら、
小瀬スポーツ公園野球場を目指すことにした。

時に、すごく狭い路地に入ったりするので、
「このナビに付いて行っていいのだろうか…」と不安になるときもある。
でも、今まで何度となく助けられたこともあって、
とにかくこのナビを信じて進んでいくしかないのだ。

すると、道中で妻が車一台が通れるような狭い道のど真ん中に、
カマキリが1匹いることに気がついた。
「このままでは車にひかれてしまう」と思った妻は、
そのカマキリを道路脇にずらそうとしたら、
持ち味の鎌を振り上げて、必死に抵抗を繰り返したため、
妻は助けることを諦めた。


それから程なくして、私たちは小瀬スポーツ公園野球場にたどり着いた。

甲府の球場正面.jpg


何だか、自然に囲まれていて、
すごく空気が美味しく感じられるような球場だった。
そして、これが内部である。

甲府の球場内部.jpg


何か試合をしているようだ。
だから、簡単に入ることが出来たのだ。

遠くから来た甲斐があったというものだ。
毎回、中に入れたときの球場にはありがたみを感じずにはいられない。
「ラッキー!」と思うとともに、「ありがとうございます」と心の中で叫ぶ…
それを忘れないようにしている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。