2011年11月03日

幕張を歩く

JR京葉線の海浜幕張駅の前にはデカデカと「26」の数字があり、
しかも「Marines」と描かれたバスが止まっていた。
千葉マリンスタジアムへ向かうバスである。

しかし、私は時間があったし、
ちょっと歩いてみたい気分になったので、
とりあえず、千葉マリンスタジアムまで自分の足で進むことにした。

これがカープ戦であったら急いでいくところだか、
「絶対見たい!」っていう試合でもなかったし、
時間があるんなら、ゆっくり現地まで行こうじゃないかって思ったわけで。


海岸沿いの風が気持ち良い。
しかもすごく良い天気で、東京湾の風が懐かしく感じる。

私は東京に5年間暮らしていた時期があった。
東京・江東区の、しかも東京湾にほど近いところに住んでいたため、
毎日のように東京湾からの風を浴びていた。
それと同じような香りがして、当時が懐かしくなったりもした。

きれいに整った街・幕張。
未来都市に来たような感覚を味わう。
でも、東京湾の風を感じると、
当時はまだ4年前、この近くに住んでたんだよな…
そう思うと、未来都市も近しいものに感じてくる。

幕張メッセ.jpg

幕張メッセが見えてくる。

東京に住んでいた頃は、
テレビCMでも幕張メッセでのイベントを伝えていたが、
関西に住み始めてからは当然ではあるが、
そんな情報は一切入ってこない。

すっかり遠い存在になり、
しかも観光客気分でこの建物をフィルムに収めようとする
自分がいることに気がついた。


そんなことをしている間に、
何となく海風に塩分を加えたような感覚になった。
すると、目の前には今回の目的地である
「千葉マリンスタジアム」が見えてきたのである。





千葉市内ってあまり来たことがない私。

でも、千葉にはちょくちょく来ていた。
来たというよりも、利用していたという方が正しいか。


広島からバスで東京に戻ってくるときに、
西船橋駅に到着するというものもあったりした。
さらには酔っ払って、自宅の最寄り駅をすっ飛ばして、
気がつけば船橋…ってこともあった。

当時はファンクラブに入るほど好きだったある歌手?
いや、タレントの学園祭に行くために、
千葉県の八千代市まで足を運んだことがあった。

14歳の頃、家族旅行で船橋に泊まったこともあった。
まあ、私の数少ない家族旅行の思い出ではあるが…。


こんな感じで、野球だけじゃなく、
個人的な用事で千葉に来ることはたびたびあった。
でも、印象深い土地…それが千葉なのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。