2011年10月01日

違う方向から函館を望む

函館山と並んで、もう1つの函館の観光スポットといえば、
何と言っても五稜郭だろう。

そもそも、日米和親条約の締結によって、
箱館港の開港によって、防衛力の強化を図るために設けたのが五稜郭。
相手が攻めてきたときに、どのような形ならば一番守ることが出来るか…
その答えが、五稜郭のような星型なのだろう。

この星型を、近くにそびえる五稜郭タワーから眺めると、
「なるほど…」とうなずけてしまうのだ。
きれいな星型をした城郭に驚かされる。

そして、五稜郭タワーからは前日登った函館山も見える。

五稜郭タワーから1.jpg

つまり、違う角度から函館市内を見ることができるのだ。
そして、気候が良ければ青森県の下北半島も見える。

五稜郭タワーから2.jpg

うっすら見えているのが下北半島だ。
おそらく、「恐山」なのだろう。
イタコの呼ぶ声までは北海道には届かないが、
いかにも届きそうなほど荘厳な感じが…しなくもない。

これで何か函館を満喫したような気がして、
五稜郭タワーから降りると、あの新撰組で御馴染みの土方歳三だ。
1868年に五稜郭を占拠した土方歳三である。

土方歳三.jpg

…といっても、日本史はまるで疎い私。
「土方歳三って日本史の授業にはあまり大々的に取り上げられなかったぞ」なんて思いながら、
内心、「名前は知ってるけど、何をした人だ??」と思う始末。
ホント、私は日本史は苦手なのです。
土方様のファンの方、お許しください…。


これで、函館旅行…いや違う!!
「函館オーシャンスタジアム」の球場行脚は全日程を終了した。

…と、待てよ。
一つ大事なことを忘れているではないか。

そう、それは函館ラーメンを食べるということ。
やっぱり、函館ラーメンを食べなければ、帰れないんだよ!

というわけで、私は函館ラーメンを無事に食べ、
空港で買った「白い恋人」を片手に大阪へと帰ったのでした。


★補足★

五稜郭から函館駅に戻ってきた私。
函館空港は函館駅からバスで行かなければならないが、
その出発時間までは若干ゆとりがある…。

というわけで、もはや有名店でなくても良いから、
函館でラーメンが食べたいと思って探してみた。
そう、私の気持ちは「函館ラーメン」ではなくて、
「函館でラーメン」に変わっていたのだ。

そこで、函館駅の中なら何かあるのでは…と、
まったく情報もなしにぐるりと見渡してみると、
ダイニングレストラン和華」という名前の、
何でも一通りのメニューがあるレストランがあった。

もはや、函館でラーメンが食べれれば…という思いで、
「塩ラーメン」を頼んだ私。
出てきたラーメンを食べたが、これが結構美味かった。

日本にはラーメンの名物は数多くあるけれど、
塩ラーメンが名物なのは函館くらいじゃないかい??
澄み切ったあっさりとしたスープが何ともいえず美味い。

「函館でラーメン」と思って入った店が、
美味い「函館ラーメン」に出くわすことが出来て大満足であった。

そんなこんなで函館駅から函館空港へと向かい、
自分用の「白い恋人」を買って、
一路関西国際空港へと飛び立ったのでありました。


函館、良かった!
今度は妻と子供を連れて、夜景を見るぞ!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。