2012年04月22日

雨降る久米島で

久米島の兼城港に到着した私。

港の待合室は雨のせいもあって薄暗く、
そこには誰も「待ち合い」していなかった。

待合室の片隅に喫茶店のようなものがあり、
そこで何か飲み会が行われていたようで、
にぎやかで、しかものんびりした雰囲気だけが感じられた。
昼間からお酒…これも沖縄らしい感じなのかもしれない。


でも、私は早くホテルでゆっくりしたかった。
そして、最初の目的地である久米島の球場へ足を運ぶために、
バスに乗りたくて、バス停でただそれが来るのを待つことにした。

バス停に貼っていた時刻表を見る。
そしたら、ちょっと待てばバスが来るではないか。
でも、その時間になってもバスが来る気配すらない。

バスは数十分遅れてやってきた。
こんな田舎の道で、混雑していたとも思えないが、
バスはちゃんと来たとはいえ、かなりの遅れである。
私としては、バスが来ただけでもホッとしたのだが…。

離島のバスとはこんなもんなのだろう。
時間通りにくるなんて思わないほうがいい。
それは、そのバスに乗った瞬間分かった。


「どこに行くの?」


と、まるでタクシーに乗ったかのようなことを、
運転手さんに聞かれた。

バスなんて、バス停にしか止まってくれないかと思いきや、
それは大間違いなんだね。
「○○ホテルに泊まるんだけど」というと、
道中でバス停に誰もいないことを確認し、
すべてのバス停を通過した上で、
そのホテルの前で下ろしてくれた。

バスには私の他には乗客はいなかった。
だから遅れるわけもないのだが、
それが島の時間ということなのだろう。

のんびりしていていいじゃないか。
1分1秒を争うよりも、こちらの方がずっと人間らしい生活だ。


私はホテルにチェックインした。
南国らしいホテルで、すぐ隣には当時、島で唯一のコンビニがあった。
それはすごく便利な立地ではないか。

そのコンビニに入れば、
別に久米島でも東京でも変わらない雰囲気がある。
そこでお酒をいっぱい買って、
久米島の夜をお酒で満喫しようというわけだ。

その前に、私はホテル近くの球場へ足を運ぶ。
晴れ男でもある私だが、何と100個目の球場へ足を運んだ時点で、
これが唯一の雨で傘を差しながらの球場行脚となったわけで。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。