2012年03月18日

近いからといって見えるとは限らない。

大阪に住んでいると、大津って多くに感じる。

その当時は、球場寅さんとしてあちこちに出向いていたから、
飛行機や新幹線で一気に行ける場所ほど近くに感じ、
距離的には近いのにめったに行かない場所は遠くに感じていた。

だから、大津って遠いな…そんな印象を受けたものだ。


そんなこともあって、皇子山球場はあまりにガードが硬すぎて、
それを破ることが出来なったのは悔しかった。

目の前に球場があり、
壁一枚隔てた向こうにはグラウンドが広がっている。
でも、中をのぞくことが出来ない…
まあ行き当たりばったりの球場寅さんだから、
それで文句を言ってはいけないのだ。

それなら、事前にちゃんと調べておけよ…
ということになるわけだから。



再び、西大津駅(現・大津京駅)に着いた私は、
次なる目的地である滋賀県北部の彦根市へ向けて出発した。

当時の西大津駅を出た電車や、
いくつかのトンネルをくぐると、京都の山科駅に到着する。
知らぬ間に県境を通り過ぎることになる。

西大津駅を出た電車は最初のトンネルを迎える前に、
目の前には皇子山球場が見えた。
近くではまったく見えなかったグラウンドの芝生の風景が、
その距離よりは比べ物にならないくらい遠い距離から、
中を見ることができるなんて、皮肉な話だね。

でも、そういった出来事が、
「次は中を拝見させていただきます」とリベンジの気持ちになるわけですよ。


というわけで、大津を後にすることにしました。
次来るときは、試合観戦に来るからねと言い残し、
私は次なる目的地・彦根に移動することにしたわけで。

彦根では果たして…それは後日に回しますが。
posted by KUNI at 02:21| Comment(0) |  ○大津皇子山球場(滋賀県大津市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。