2011年11月27日

甲府でご当地グルメ!

2007年10月7日。

この年、私は妻と結婚した。
結婚式も挙げることなく、両家顔合わせをした後、
その2日後に入籍して、晴れて夫婦となった。

ところが結婚式もしてない状態で、
しかも新婚旅行もなし…これでは寂しすぎるからということで、
近場でもいいから新婚旅行をしようということになり、
私たちは信州へと出向くことになった。

初日は、長野県は松本市で一泊し、
その翌日、私たちは山梨県の甲府へと向かった。

私自身、その当時、山梨県は8年ぶりのこと。
山梨県の富士の裾野に「忍野八海」という観光地があり、
大学時代にゼミの合宿で来たことがあり、
それ以来のことになった。

それゆえ、甲府市内を歩くのは初めてのことだった。
私は「球場寅さん魂」を出して、
妻に「甲府の球場に行きたい」とお願いして、
付いて来てもらえることになった。


長野県の松本から鈍行に乗り、山梨県の甲府にたどり着いた。
非常に長い道のりではあったが、
旅行気分に浸っていたこともあり、あまり長さを感じなかった。

そして、甲府に着いたら早速食べたいものがあった。
JR甲府駅の北側の出口を出てすぐのところに、
「小作」というお店がある。
そこで、甲府の名物を食べることにした。

ほうとう.jpg

それがこれ。

甲府名物といえば「ほうとう」だ。
とにかくいろんな具材が鍋に入っている。
そして太いうどん(いや、すいとんっぽくもあり)も存在感を出している。

みそ味のこの風味がたまらない。
そして、ついでに頼んだ「馬刺し」もまた最高だ!
馬刺しといえば、熊本を思い出すが、
実はこの甲府も馬刺しが有名らしい。

昼間からビールを片手に、ほうとうと馬刺しに舌鼓。
こんなこと普段は出来ないよね。
新婚旅行ならではの緩やかな時間に感謝するばかりだった。



実はこのお店・・・

2011年11月23日

幕張の思い出

今回は「千葉マリンスタジアム」を行脚しに来た。

かつては地下鉄に乗り、JRに乗り換えるだけでたどり着いた幕張だが、
大阪に引っ越してきた今の状況だと、
幕張もはるばる来る土地に変わってしまった。

でも、何度か来たことがある土地だからだろう。
JR海浜幕張駅のホームに降りたときから懐かしさがあった。


幕張では新入社員研修があったことを思い出す。
客商売だけに、礼の仕方、名刺交換の仕方…
正直、今の私はその当時教わったことを、
100%出来る自信なんてどこにもない。

ただ、自信があるとすれば、
自信がないことを上手くごまかす自信だけだ。

その研修は厳しいもので、
朝の9時から夜の9時までみっちりあった。
だから、その日の研修が終わって、宿舎に戻ったとき、
あとは寝るだけなのだが、宿舎が天国のように感じた。


そういえば、これは幕張とはまったく関係がないのだが、
私が初めて千葉県に足を踏み入れたのは、中学2年のとき。
今から20年以上前のことだ。

そのときは、家族旅行で東京にやってきた。
私自身、当時13年ぶりのことで、
そのときは1歳程度の赤ちゃんだったから、
まったく覚えているはずもない。

その家族旅行のとき、船橋の安い旅館に泊まった。
料理がどうだったかは忘れたが、
部屋はお風呂もついていて、まずまずキレイだった…ということだけ覚えている。


そんなわけで、久々に来た幕張の地。
私は千葉マリンスタジアムの空気を吸って、
その日の試合を1イニングだけ見て、球場外へ出て行った。

私はこの後、飲み会の予定があったのだ。
すでに15時を回っている。
17時までに都内某所に戻らなければならない。

私はその間に、もう1箇所、巡りたいところがあったので、
そそくさと球場を後にすることにした。
そのまま振り向かずに立ち去るのは寂しいので、
最後に一枚、パチリと写真を撮った。

東京湾と千葉マリン.jpg

2011年11月13日

マリンの風が吹く

JR京葉線・海浜幕張駅から千葉マリンスタジアムまで、
とことこと歩く私。

久々に幕張の風に吹かれながら、
目的地に向かって歩いていた。
途中には幕張メッセが見えてくる。
相変わらずの大きな建物である。

そして、目の前に「青いコロシアム」のような形状をしている
千葉マリンスタジアムが見えてきた。
いつ見ても、東京湾岸でしかもすぐ近くは砂浜という立地に、
こんな球場ができたものだと思ってしまう。

千葉マリン.jpg

上の写真で、右に見えているのが千葉マリンスタジアム。
左手には東京湾が見えている。
本当に海のすぐ近くなのだ。

ここまで海の近くに球場があるという立地。
日本各地の球場の中でも非常に珍しいのではないだろうか。

そして、海に近いからこそ、
そしてこの球場がコロシアムのような円筒形だからこそ、
海から吹きつける風は、この建物によって、
普段では起こりえないような気流を起こし、
それが選手を戸惑わせる。

千葉マリン外野スタンド.jpg

ちょっと分かりづらいかもしれないが、
まさに円筒形の形状をしているのだ。

しかも、座席の上の覆うように、
ちょっとだけ屋根が張り出している。
これも、妙な気流を生む要因なのかも知れない。

このように、風という自然が生み出すものを克服するためには、
この球場に慣れておく必要がある。
つまり、この球場は、この球場を本拠地にし、
自分のものにしている球団こそ、圧倒的に優位に出来ている…
まさにホームグラウンドにふさわしい球場であるともいえるだろう。

幕張に吹き付ける風…
それはその風の特性を知っているものに味方する。
だからこそ、交流戦ではこの球場が不慣れな
セリーグのチームは苦労するのかもしれない。

無風のときなら別なのだろうが…。
まさに「風が味方する」を地で行く球場だといえるのだろう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。