2011年10月13日

周辺をぐるり、そしてうどん…

到着した香川県営野球場。
遠くに瀬戸大橋が見えたり、瀬戸内の風が頬をなでたりで、
ただただ球場の周辺を歩くだけでも気持ちがいい。

この日は非常にいい天気に恵まれたこともあって、
余計に瀬戸内の風が気持ちよく感じられるのだ。

そして、広島vs阪神のオープン戦が行われるとあって、
いつもは閑散としているであろうこの球場は、
たくさんの野球ファンであふれていた。

ここへ来る道中のバスも超満員だったし、
球場の手前では渋滞も起こしているほど。
まあ、この場所は車でしか来ることはできないから、
たまにしかないプロ野球の試合となれば、
たくさんの自動車でごった返すのは当然のことだろう。

しかも、他にはあまり近道がない一本道であるため、
そこに自動車が集結する…それが渋滞に拍車をかける。

オリーブ周辺.jpg

こんな感じで、たくさんの人でゲートには行列が出来ていた。
この写真は外野方向の入り口であるが、
正面玄関はこんな感じである。

オリーブスタジアム正面.jpg

球場の歴史などについては、メインサイト「週刊カープ評論」内の
「球場寅さんKUNIの全国球場行脚」にも記載したので、
そちらをご覧いただければと思います。

受付の人にチケットを手渡し、
いざ球場の中へと入っていくと、また1つの行列が出来ていた。
その行列の先にあるのは、「うどん」である。

そう、香川県に来たのであれば、
もはやこれを食べずしては帰れないだろう。
それが「うどん」なのである。いわゆる讃岐うどんだ。

しかも、この香川県営野球場のうどん屋はすべてがセルフサービス。
茹でたうどんを店員さんからもらうと、
うどんつゆを入れるのも、天かすやトッピングを乗せるのも、
全部自分でしなくてはならない。

でも、その分、安く食べることが出来るのが、
非常に大きな魅力なのだ。
安くて美味いなら、少々の手間は惜しまない。
そして、そのうどんがこれだ。

讃岐うどん.jpg

薄味のつゆだが、これが上品で美味いのだ。
しかも安いのに、結構な量があるため、
私はこの一杯でお腹いっぱいになった。

そして、いよいよ試合が始まるのである。


香川の人って…
posted by KUNI at 23:37| Comment(0) |  ○香川県営野球場(香川県高松市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。