2011年08月27日

函館駅から十字街方面へぶらりと…

12年ぶりの函館にたどり着いた私は、
とりあえずホテルにチェックインし、部屋に荷物を置いて、
ポケットに財布、右手にデジカメを持って、辺りをうろついてみることにした。

到着したのはもう16時を回っていたので、
函館山の方へと歩いてみることにした。


やっぱり、函館山には登っておかないとな…。


12年前に函館に来たときも思ったのだが、
函館市内を歩いていると、どこからともなくCMが聞こえてくる。
今はどうなのかは知らないが、
12年前も、そしてこのときもそうだったのだ。

歩道に並ぶ電信柱にはところどころスピーカーが付いていて、
そこから何かしらの声が聞こえる。

最初はラジオなのかと思ったが、実際はCMだった。
何の店だかさっぱり分からないが、
「エトー!」という声だけが響くCMがやたらと耳に付いた。


函館駅から電車通り沿いに歩き、
十字街の電停近くにたどり着く。
そのあたりに、日本一古い電信柱があるらしいということで、
ちょっと興味があって行ってみた。

日本一古い電柱.jpg

1923年に今の北海道電力が建てたものらしい。
今の電信柱と明らかに違うのは四角いことだけだ。

「ふ〜ん…」といった感じで、
四角のすべての面をチェックして、
今度は赤レンガ倉庫群へと歩いてみた。

そんなに距離はない。
目と鼻の先である。


赤レンガ倉庫群.jpg


正式名称は「金森赤レンガ倉庫」というらしい。
スイーツの名店もあるらしいが、
あまりお腹が空いていなかった上に、
夜は函館ラーメンが食べたいと思っていたから、
ひとまず食べたい気持ちをぐっと飲み込んで、次へ向かうことにした。

赤レンガ倉庫から電車通りを渡ってすぐのところに、
「大三坂」という坂がある。

大三坂1.jpg

ドラマでもよく使われる坂だそうだ。
函館山は陸繋島(りくけいとう)であるために、
函館山方向への坂がたくさんあり、それぞれに名前がついている。

そして、そのどれもが風情があったりするので、
ドラマでもよく使われるそうだ。

大三坂2.jpg

ただの坂なのに、何か味がある。
それが函館のもう一つの楽しみなのかもしれない。



12年前にきたときは・・・

2011年08月17日

函館駅に降り立つ

2006年4月9日。


私は前日宿泊した青森駅を出発した。
青春18きっぷを片手にJR津軽線の蟹田駅に下車し、
そこで、「スーパー白鳥」に乗り換える。

青春18きっぷは普通列車や快速列車しか使えないのだが、
特急しか走っていない青函トンネルを含む区間である
蟹田駅からJR江差線・木古内駅までは特急が乗れるそうだ。

木古内駅では少し時間があったので、
改札を抜けて、ちょっとだけ街をぶらぶらしてみるが、
事前に何か下調べをしていたわけではないので、あっさり終了。

木古内駅から普通列車に乗り込むが、
特に満席であるわけでもなく、中はガラガラであるため、
適当な座席を見つけ、靴を脱いで、足を伸ばすことも出来る。

列車が動き出してからというもの、何か景色が変わるわけではない。
田舎ののどかな雰囲気、そして車窓に移る海の景色、時々トンネル…。

ウトウトしながら、車内に「間もなく五稜郭」という声が響く。
もうすぐ函館…こんな場所までやってきたんだ。




「は〜るばる来たぜ、函館〜」




サブちゃんの歌声がどこからともなく聞こえてきそうだ。
やっぱり、函館って、はるばる来る場所…そんな気がする。


函館駅に降り立つ。
実に12年ぶりのこと…そう、1994年に一度だけ来たことがあるのだ。

でも、そのときとは違う面立ちで函館駅は迎えてくれた。
明らかに当時とは違う「ハイカラ」な雰囲気が漂う。
改札口を抜けると、すごく広い空間を感じさせる間取り。

そして、駅舎から出てみると、こんな感じだった。

StadiumTour-Hakodate1.jpg

函館駅は私が見た函館駅とはまったく違っていた。
学校の校舎のような雰囲気だった函館駅は、
「母校」とイメージを感じさせないものになっていた。

でも、違っていなかったのは、函館の街の雰囲気。
これだけはそんなに変わっていなかった。
むしろ、「ちょっと老けたな」。


そんな感じを漂わせていた。



私が初めて函館に来た1994年の話・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。